5月後半に春の社内ゴルフコンペが行われました。上のフォトはコンペ終了後、

 

場所を田町磯勘に移して行った表彰式の様子です。日中の仲間同士でやる

 

プレイも非常に楽しいものですが、酒を酌み交わしながら和気藹々とやる

 

表彰式もまた楽しいものです。例年通り、秋にも社内ゴルフコンペは行われます。



 いつもの桜を今年もカメラに収めておりました。時期はずれましたが、先の”春が来た”にアップした春景色とは別に、例年通りアップします。同じ桜でもその表情は毎年その趣が違います。これは何も桜に限らず、人間社会においても同じです。例えは悪いですが、毎年年齢を重ねるたびに年齢とともに成長する人、変わらない人、あるいは退化する人、また良い時があれば悪い時もあります、人皆それぞれです。

 さて4月に入り9日に会社の花見をし、翌週から今年第一回の”私の挑戦(昨年までのフォローアップ)”を実施し、社員一人ひとりと面談をし、その後給与改定(当社は4月が給与改定月)に伴いこれまた社員一人ひとりと面談しましたら、今日になってしまいました。

 先のブログにも述べましたが、震災後まる5年が過ぎた現在、復興はこの5年間で大きく収束しました。建設業を取り巻く環境は、今年度以降大きく震災前の状況に近づくものと考えられます。一言で言えば厳しくなるということです。

 当社においてもこれからが本番です。時代から社会からその真価が問われるでしょう。当社では震災前懸案事項であった_榛个泙埜柩僂垢襪里?(定年以降何歳まで働くことが出来るのか?)定期昇給をどう実施してゆくのか?実施するなら何歳まで実施するのか?5詬燭錬僑虻舒聞澆修粒曚変わるのか変わらないのか?変わるのであればどう変わるのか?つ蠻を迎えた65歳以降の労働条件(一時金も含め)は?ナ振儔搬温柔(子供2人の4人家族)での平均年収の額は?新卒から定年まで勤めた場合の平均退職金は?などのこれら事項に対する答えを、この5年間で明確にすることができました。これで社員にとっては、当社で働くうえでの数値がわかる事になったのです。社員が働くにあたり自分の将来を考えた場合、これら会社との 約束事が明確になることで、社員は安心して働くことができます。将来の自分を視ることが出来るのです。と同時に大事なのは、これらの約束事はその時代より一歩進んだ内容になっていなければならないということです。一歩進んだ内容であることで、社員はより大きく安心できるのです。当然ながらこれらを100%絶対に履行できるという補償はありません。ありませんが、100%実行できるように最大限の努力をする義務が責任が企業にはあります。社員が安心して働くことができ、安定した生活を送れることができて社員は幸せな人生を送ることができます。社員一人ひとりが幸せになって初めて経営理念(顧客満足を追求し社会に役立つ企業を目指す)を達成することができるのです。

 言うは易く行うは難し であります。が、全社一丸となり、更なる社会に役立つ企業の実現を目指して参ります。



 今年も春がやってきました。今年もいつもの桜をアップしようと思いましたが、当社作業場・資材置き場にある花壇の彩が余りにも見事で、この情景をアップしました。ここの庭園には、春を代表する多くの木々や草花が咲き誇っております。是非一度御覧になってください。心が和みます。

 さて仕事の話となりますが、今年は我々建設業界にとって、潮目が大きく変わる年になるものと思います。
 震災からまる五年が過ぎました。この五年の間に震災と原発により引き起こされた大量の復旧と復興の工事は、まだまだ完了には至っておりませんがそのピークは既に過ぎており、これから二年の歳月があれば当地での復興工事はほぼ完了するものと思われます。その後は震災前と同じく、厳しい経営環境が訪れることは必至であります。既に仕事は忙しいながらも今までのような有り余る状況ではなく、だいぶ落ちつてきているように感じられます。

 これからが本当の意味で企業の力が試されます。努力せずとも仕事が受注できた時期は終焉を迎えました。
 当社は一生懸命に仕事に取り組む多くの社員がおります。彼らがいる限り当社は大丈夫です。全員一丸となって精一杯働き、社員の皆が安心して働ける会社づくりを、強力に推し進めてまいります。

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM