もうすでに二週間余が過ぎましたが、ちょうどいわきで桜が見頃の頃、社内で

毎年恒例の花見の宴を開催しました。

 

 新入社員の歓迎会も兼ねております。出席者数も30名を超え賑やかな宴となりました。

社員同士の懇親を深めることの出来た、楽しいひとときを過ごすことができました。

 

 

  • 2017.05.02 Tuesday

 

 

 今年も毎年撮影する桜が見頃を迎えました。

フォトは見頃の時に撮影していたものです。毎日の通勤途中にあるいつもの山桜です。

ソメイヨシノとは違った風情が感じられます。

 

 桜自体は毎年同じように咲きますが、観る側は毎年同じ桜を見ても、その思いは変わります。

歳を重ねるとともにその見方は変わらねばなりません。

 

 詩人、坂村真民さんの詩 ”鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ”です。

  • 2017.04.01 Saturday

 平成29年の幕が上がってまる3ヶ月が過ぎました。

この3ヶ月の間に、新しい仕組み、制度を二つ設けました。

 

 一つ目は昨期迄実行できなかった全部との懇談会の実施です。

これまでにも各部との懇談会は随時行ってきましたが、七部門

全てシリーズで懇談会を実施した年はありませんでした。

 

 今期は二月から実施し、三月エンドまで営業部を皮切りに

不動産部、土木部は三つのグループに分け、計五回の懇談会を

実施しました。引き続き会社全体行事の花見をはさんで、建築部、

プラント部、サービス部、総務部と継続してまいります。

酒を酌み交わし、普段聞けない働く仲間の様々な声を聞いて、

会社運営に反映するために実施してゆきます。今後毎年継続してゆきます。

 

 二つ目は五年表彰という制度を設けました。

これは長い仕事人生に節をつけるということです。

竹は節があることで重い雪が付着しても折れません。しなるだけです。

人も同じだと思います。長い仕事人生において節を設けることで、

折れることなく使命、天命を全うする糧になればと考えた次第です。

 

 一つの節の長さを五年としました。三年では短く、七年では

長いと思います。入社後五年ごとの節目に、金一封と一緒に

表彰します。この五年の間には仕事上での様々な苦労と、そして

私生活でも大変な思いをして働くわけですので、表彰することには

充分その価値があると考えております。今回の表彰式は3月11日の

収支会議の席上執り行いました。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM